サボり気味な方は肥満外来に行ってスリムになろう

女医

腸の健康状態を調べる

腸の健康状態を調べるのに有効な検査方法の一つが検便検査であり、食中毒予防だけではなく大腸癌の検査としても有効となっています。下痢や便秘といった通常の大便を採取出来ない場合でも、正しい採便方法を行うことで検査することが可能となっています。

女の人

末期がんに有効な治療

癌性腹膜炎は臓器から剥がれ落ちたがん細胞が腹膜に転移して発生する症状で、治療は困難とされてきましたが、現在では抗がん剤を腹腔内に注入する治療法が試みられています。また免疫療法や温熱療法と併用される場合もあります。

健康的にダイエット

メンズ

生活習慣病対策に

高血圧や高脂血症、糖尿病予備軍などいわゆる「生活習慣病」は、ダイエットする事で改善する事が出来ます。逆にダイエットに成功しなければ生活習慣病が悪化し、命を失う危険性もある心筋梗塞や脳卒中といった、大きな病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。ですので、健康診断で生活習慣病と診断された、また予備軍だと言われた場合は早めにダイエットしましょう。ただ、1人で行うダイエットはなかなか続きません。生活習慣病対策としてダイエットしたい時は、「肥満外来」を受診する事をおすすめします。肥満外来は文字通り、肥満を解消する目的の治療を行う診療科目です。医学的な根拠に基づいたダイエットを指導してくれる為、健康的に痩せる事が出来ます。

我慢せずにダイエット

肥満外来でのダイエットは、我慢せずに痩せられるという点が魅力です。ダイエットといえば極端に食事を我慢したり、辛い運動を続けなければいけないなど、とにかくストレスが溜まるというイメージを持っている方も多いでしょう。このような我慢するダイエット法は、体重の減りが早いという一方、止めた途端にリバウンドしてしまいます。リバウンドを繰り返すダイエット法は、とても健康的とは言えません。肥満外来では健康的に、そして無理をせずにダイエットをサポートしてくれます。普段の食事内容をチェックし、ただ単に量を減らすのではなくバランスの良い食事をアドバイスする他、運動も無理のない範囲で指導してくれる点がポイントです。我慢せずに痩せられる為、今までダイエットに失敗続きだった方も肥満外来であれば、健康的に痩せられるでしょう。

食事

血糖値を安定させる食べ物

血糖値が高いままだと糖尿病になってしまいます。一度発症すると完治が難しい病気です。普段から合併症を予防するために、低カロリーで栄養価の高い食事を心掛けて、一日3食規則正しく食べることが大事です。食事の注意点は、血糖値が上がりやすい炭水化物は後で食べることが大事です。