サボり気味な方は肥満外来に行ってスリムになろう

  1. ホーム
  2. 血糖値を安定させる食べ物

血糖値を安定させる食べ物

食事

食べる順番も重要です

糖尿病は血糖値が高い状態が続いている病気ですが、放置をしておくと、眼や腎臓、神経などに合併症が見られる場合があるため、早めに治療を始める必要があります。糖尿病は一度発症すると完治が難しい病気なので、内服薬をきちんと続ける必要がありますが、毎日の食事は血糖値を安定させるためには、大変重要になってきます。食事を抜くと、血糖値が上昇しやすくなるので、栄養バランスの良い食事を一日3食きちんと摂ることが大切です。注意したい点は、食べる順番も大変重要も大変重要なので、まずは緑黄色野菜を使ったおひたしやサラダ、スープなどから、食べ始めて、ご飯などの炭水化物は後で食べるようにして下さい。食事の注意点は、糖質を制限している人が多いですが、おかずも食べ過ぎないことが大事です。

栄養価の高い食材を食べる

肥満気味の人は、糖尿病に罹るリスクが高まるため、健康診断で血糖値が高めだと指摘された人は、食事を注意する必要があります。体内で糖質に変化する炭水化物や、甘いお菓子類やジュースなどは、適量を守るようにして、大豆食品や海藻類、脂身の少ない肉類や青魚、卵などをバランスよく食べる必要があります。糖尿病に罹ると膵臓に負担が掛かってしまい、インスリンの分泌量が低下してしまい、血糖値が上がりやすくなります。普段の食事での注意点は、油脂を使ったカロリーの高い食事は控えるようにして、和食中心の献立を考えることが大切です。糖尿病は血糖値を安定させることで、長生きできる人が増えているため、低カロリーで満腹感のある食事を心掛けて下さい。