サボり気味な方は肥満外来に行ってスリムになろう

  1. ホーム
  2. 末期がんに有効な治療

末期がんに有効な治療

女の人

散らばったがん細胞に対処

胃がんや卵巣がんなどが進行すると、がん細胞が組織から剥がれ落ちて腹膜に転移し、炎症を引き起こすことがあります。これが癌性腹膜炎で、がんの末期症状のひとつと考えられています。癌性腹膜炎になると腹水が溜まり、腹を圧迫して腸閉塞や尿管閉塞の原因になります。またがん細胞があちらこちらに散らばっているため、全身に転移しやすいのが特徴で、治療は難しいとされています。癌性腹膜炎は針を刺して腹水を抜いたり、痛み止めで症状を緩和したりするのが主な対処法で、がん自体の治療はできないという見解が一般的でした。しかし近年では新しい抗がん剤や免疫療法を組み合わせて、治療の成果を上げているケースも少なからず報告されています。

抗がん剤と免疫療法

癌性腹膜炎のように、がん細胞が広範囲に転移している場合は、手術で取り除くことができません。しかし抗がん剤を使えば、散らばったがん細胞を攻撃することができ、転移や再発を防止するためにも効果的です。最近では比較的吸収されにくい抗がん剤を腹腔内に注入し、その場に長時間留まらせて、効き目を十分に発揮させる治療法も試みられています。一方で抗がん剤には強い副作用が出やすいというデメリットがあるため、副作用の比較的少ない免疫療法も注目を集めています。また温熱療法と併用して効果を高める場合もあります。苦痛を和らげ生活の質を維持しつつ、癌性腹膜炎の治療に取り組むため、現在も多彩な治療法の研究が続けられています。